彩り着物

結婚式での着物の着付け

結婚式に着ていく着物はどんな種類がいいのか

結婚式に着ていく着物はどんな種類がいいのか 結婚ラッシュとなると、毎週末に結婚式へお呼ばれする、なんてこともあります。
同席するメンバーが同じだと、ドレスを新調しなくてはならない、ということもあります。
それならば、この機会に着物で出席してみてはいかがでしょうか? ドレスにも着物にも格があります。
結婚式にふさわしい着物の種類はどんなものがあるのでしょうか。
①振り袖 成人式で着ることの多い振り袖は、未婚の女性の第一礼装です。
袖が長く柄も派手な物が多くなっています。
②訪問着 既婚、未婚を問わず、準礼装となります。
上前から下前まで柄が続いています。
結婚式以外でも、フォーマルな場ならば失礼にあたりません。
③色留袖 既婚女性の第一礼装であるのが留袖です。
親族側が着ることの多い留袖ですが、紋の格を下げ、三つ紋若しくは一つ紋の色留袖にすれば大丈夫です。
一方で選んではいけない種類もあります。
①黒留袖 こちらは、格式としては最も高くなります。
結婚式においては、親族、特に新郎新婦の親が着用することが多いです。
お呼ばれ側が着ていくのは失礼にあたります。
②付下げ イメージとしては、ちょっとしたお出かけくらいの格になります。
訪問着よりも下に位置しますので、結婚式にはふさわしくありません。
着物にも様々な種類がありますので、着る際は、呉服屋さんに用途を伝え確認するのが良いでしょう。

親族以外が、お葬式に着物で参列してよいかどうか

親族以外が、お葬式に着物で参列してよいかどうか 親族以外にも、お葬式に着物で参列をしても良いかということで、悩む人も多いものでしょう。
親族であれば、和装で参列することも一般的で、きちんとした喪服姿をしていきます。
親族以外の場合には、喪服ではなく、色無地に黒い帯という装いが一般的です。
反対に喪服は親族のみが着るものとされているので、親族以外の場合には避けましょう。
色無地であっても、着物の色は深い緑や暗い紫色などの暗い色を選ぶことが大切です。
また紋の数については、1つ紋、もしくはなしでも問題ないとされています。
しかし、着物に対してだけでなく、お葬式などの冠婚葬祭の習慣は地域や年代によって異なります。
自分の育ってきた地域であれば問題のない装いであっても、地域によっては認められていないケースもあります。
嫁ぎ先などで初めてのお葬式の場合には、親や近所の方などの知識をかりて、場の雰囲気を乱すことのないように十分に注意しましょう。
和服は周りに合わせることが大切なものです。

新着情報

◎2017/10/23

着物は日本の伝統文化
の情報を更新しました。

◎2017/8/23

着物を着こなすポイント
の情報を更新しました。

◎2017/6/26

スタイリッシュな着物
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

結婚式に着ていく着物
の情報を更新しました。

◎2017/1/16

振袖と着物の違いは?
の情報を更新しました。

「着物 種類」
に関連するツイート
Twitter

#KimOhNo 下着は下着。着物着物着物は誰が着ようが身につける人を輝かせる力がある。クールジャパンという点から、昨今ミニスカ、ヤンキー風等と種類は豊富。それは皆に親しみを感じて貰う上では仕方ないと思う(個人的には好かないが)。下着に着物の持つ特別感ある名を付けるのは如何なものか。

返信先:@maya0313maya 浅草自体が得意エリアで、レンタル着物(浴衣)店も会員登録してある店舗もあったりw 着物や浴衣の種類的に他のレンタル着物店も気になってるのですw

Twitter佐々木ニャ次郎@nya_nya_knight

返信 リツイート 8:42

キャラ化とかでも検索ノイズ問題はあるが、今回なにより固有名詞として服の種類(下着←→普段着〜正装)が誤解される、着物文化全般に対して商標のっとりでもある、のはマジで最悪。

Twitterじゃくじろう😎@jackjirou

返信 リツイート 3:10

返信先:@BFJNews 文化の盗用以前の問題ではないか? 着物は、スカートやシャツと同様に、服飾の種類を表す名称だ。こうした普通名詞を、同じ服飾である下着の商標とするのは無理がある 襦袢の様に纏うデザインなら、まだ「体を表す名前で、外国人も解り易いもの」と考えられるが、商標からの連想とデザインも不一致だ

正直『kimomo』を下着に付けないでほしい。 全部読んだ訳じゃないし理解が浅い状態やけど、それを『きもの』と認識してほしくない。 着物を着たことなくても、着物が好きや。着物て色んな種類あんねんて、それをまとめて『着物』やと認識してる。

Twitterアニア@メイン&Pixiv用@4tx27p4aa

返信 リツイート 1:21

有田焼とかの件があったのにまだ日本の伝統的工芸品やらその他について対策してなかったのか無能め。 いや、対策のしようがあるものなのかはちょっと分からないけどさ。着物とかって、日本国内だと普通の服の種類としての単語だし。向こうでもkimonoって呼ばれるガウンもあるらしいけど……

RT @kekekeity: こんなの着物じゃない!っって言う人いるけど袖だけでこんなに様変わりして種類豊富なんだおての置いておくわ pic.twitter.com/lXuemC11gN

Twitterさねや(創作車に乗り込むぞ!)@sneyanonitijou

返信 リツイート 0:58

RT @kekekeity: こんなの着物じゃない!っって言う人いるけど袖だけでこんなに様変わりして種類豊富なんだおての置いておくわ pic.twitter.com/lXuemC11gN

着物はその種類を慶弔に合わせれば勿論礼装として着られるし、TPOさえ弁えていれば別に普段着として出かける時に気楽に着たって良いんだよ(式典じゃ無ければ振袖をお洒落着としてアレンジして着ても良いと思うし) 着物を特別な衣装と限定せず、これを機にもっと着物文化のハードルを下げていこうよ。

私の中では着物って言えば襦袢を中に着るやつで、浴衣や甚平は入らないイメージなんだけど、和服と言うと浴衣や甚平も含まれるイメージがあるんだよね…。呉服と言うとお仕立てするイメージ。着物と言っても小紋、訪問着、紬、振袖等々たくさん種類があるけど→